求人広告はどのように選ぶべきか

fe9f02d1b4dfe5aa26f0c246606bfa36_s

求人広告について書いています。

求人広告を掲載する際には、いかに多くの人に見てもらうかが非常に重要なポイントですよね。そうなると大手の業者に依頼するケースが非常に多くなるかと思いますが、求人広告は企業ごとにテンプレートが決まっており、その枠の範囲で広告内容を決め、あとは応募を待つことになります。

求人広告を掲載する際には担当者とどんな求人内容にするかを詰めることになります。
少なくとも依頼する前に決めておくべきこととしては「どんな求職者を求めているか」「契約条件はどれぐらいか」「採用人数はどれぐらいか」といった点です。それから宣伝文句としては経験豊富な担当者と話して決めていきたい部分ではありますが、ここで注意しておきたいのは、求人広告会社はPR方法は知っていても、個々の業界に関する知識というものはそこまで強くないということです。
つまり飲食業界がどんな言葉に食いつか、保育の求職者がどんなものを求めるかまではあまり把握していないケースが多いです。

ゆえにどんな文言で掲載しているか、ライバルとなる同業者の求職情報は把握しておくと良いでしょう。またその比較によって提示する条件が最適なものかどうかという確認もすることができます。
大手の求職情報は多くの業者が求人広告を掲載します。フリーペーパーもまだまだ効果は高いですが、インターネットの広告こそ今後最も力を入れていかなければいけない部分です。
そのサイトのトップのバナー広告に掲載できればその流入数はライバル社とかなりの差になることでしょう。掲載する画像がどういったものが良いか。若い女性向けなら安心感のある画像に、年配者向けならそういった人がたくさん写っている画像を掲載するなど、最適な施策を施す必要があります。

求人広告会社はPRする舞台やフォーマットは用意してくれますが、こちらである程度どのような広告として打ち出すか決めておかないと高い効果は望めないということは把握しておく必要があるでしょう。
求人広告会社から営業の連絡や宣伝広告がよく入ってくることがあると思いますが、数社試してみて一番流入数が多い会社を利用するのも良い方法でしょう。専門性の高い職種だとその職種に特化した求人会社が最適かもしれません。いろんな業種が集まっている業者には求職者にも特徴が現れますので、色々な求人会社を試して絞られると最適な業者が見つかるかもしれません。

外国人求職者などの特殊な求人に関しても、専門としてやって実績を上げている求人広告会社が存在します。それぞれ得意なもの、求職者の特徴、掲載範囲や媒体が異なりますので、ぜひ利用を決める前には比較をされることをおすすめします。

求人広告で募集をかけよう